SQL Tech

全体の総数と年月ごとの総数[SQL]

説明しづらい状況ですが、データを抽出したい時に、データ全体の総和と、年月単位での件数を同じ出力結果で求めるたい事があると思います。

メインテーブル

rest_date id login_flag
2017−04−1 0001 1
2017−04−1 null 1
2017−05−1 null null
2017−06−1 0003 null
2017−07−1 0004 1
2017−07−1 0005 1

サブテーブル

rest_date id login_flag
2017−04−1 0001 1
2017−06−1 0004 1

抽出結果

time 全体総数 ログイン総数 サブテーブル総数
2017−04 2 1 1
2017−05 1 0 0
2017−06 1 1 1
2017−07 1 2 0

 

SELECT DATE_FORMAT(main_table.rest_date, '%Y-%m') AS time
     , COUNT(*) AS count 
     , COUNT(main_table.login_flag) AS login_count 
     , COUNT(sub_table.id) AS spare_count 
FROM main_table left join sub_table on main_table.id=sub_table.id 
GROUP BY DATE_FORMAT(main_table.rest_date, '%Y-%m');

count()で数えられるのはnull以外なのでそれを利用する。

多岐にわたる場合はsumで増置していく方法もあります。sum(case when target_flag=1 then 1 end) AS 'フラグオン総数'とかです。

  • この記事を書いた人

朝倉卍丸

まあ、昔ながらの方法でやりたいこともありますよね

-SQL, Tech

© 2021 Tech Economy