Python Tech

Djangoのtemplate(標準)でURLエンコード

マニュアルがとても見辛いため探すのに時間が掛かってしまいましたが、他言語のテンプレートエンジンと同じ様に、縦線を利用する事で実行内容を記載できます。

valueの部分がURLを記述する部分で、もしURLが"https://www.example.org/foo?a=b&c=d"のような形式だった場合、出力は次のようになります "https%3A//www.example.org/foo%3Fa%3Db%26c%3Dd"

{{value|urlencode}}

urlencode Escapes a value for use in a URL.

上記のページの通り、Djangoテンプレートの組み込みタグやフィルターはかなり多くあります。

ちなみに言語個別のエスケープやエンコードはややこしいので、自分の環境で実験する事をお勧めします。

Djangoは全体的にマニュアルが探しづらい印象があります。


  • この記事を書いた人

朝倉卍丸

まあ、昔ながらの方法でやりたいこともありますよね

-Python, Tech

© 2021 Tech Economy