JavaScript Tech

知っておきたいJavaScriptのCallback関数について

JavaScriptの非同期処理の利用を考えるとき、大なり小なり処理の完了や失敗を確認する必要があるはずです。そんな時に必要になるのがコールバック処理です。

JavaScriptのコールバックとは、簡単に言えば、他の関数にパラメータとして関数を渡し、他の関数の中で呼び出されたり、実行されたりする関数のことです。

const onFollowSuccess = (username) => {
   console.log(`You Followed ${username} !`);
};
const followTheIndianDev = (callback) => {
   console.log('followTheIndianDev Run');
   const username = 'theindiandev';
   // call to Follow service
   callback(username);
};
followTheIndianDev(onFollowSuccess);
// followTheIndianDev Run
// You Followed theindiandev !

上の例では、10行目で'onFollowSuccess'が'followThelndianDev'関数の引数(コールバック)として渡されていることに注目してください。

'onFollowSuccess'関数が実行される前に、まず'followThelndianDev'のイベントが実行されるのを待ちます。

コールバックが一般的に使われる理由は、JavaScriptの非同期動作で同期機能を持たせるためです。そしてこれにより処理の成否を判定するのです。

  • この記事を書いた人

九十九千兵衛

常に必要最小限のことで働きかけることを学ぶ。

-JavaScript, Tech

© 2021 Tech Economy